駐車場での事故はとにかく要注意

先日、駐車場で事故を起こしてしまいました。

事故の簡単な概要は、私がショッピングモールの駐車場の中の通路(片側2車線分ある広い通路)をゆっくりと走行していました。

その左前方に、これから駐車スペースに車を入れようとしている車が一台。ゆっくりと、駐車スペースに車を入れようとしているのですが、明らかに車の挙動が悪い。

一目で、あまり車の運転がうまくない人だと、遠目からでもわかります。あまり近づかないように、でもこちらも早く買い物を済ませて帰宅したい。

そのような状況で、比較的広い通路があるし、前方からも対向車は来ていない状況でしたので、左側の車線から、右側の車線に出て、その駐車車両をやり過ごそうとしました。

一応、最徐行でゆっくりと脇をすり抜けようとした、その時に、軽い衝撃とガリガリとこする音が。

そうです、あの挙動の悪い車が、バックしながら、私の車の左・後ろのドアにぶつかってきたのでした。

こちらは、左後ろのドアに擦り傷がついていましたが、電動のスライドドアは動いています。

相手者はバックしながら、右の前の角をぶつけてきたようで、その部分が取れてしまっていました。

事故なので、その場で、連絡先の交換をし、任意保険に加入していましたので、保険会社に連絡しました。走行には、支障がないので、あとは保険会社にお任せすることにし、ひとまず帰宅しました。

こちらは相手が膨らむことも想定に入れて、反対側の車線にまででて、やり過ごそうとしたのですが、それを上回る膨らみでこちらにぶつかってきたので、当初は相手に過失があると考えていました。

その後、保険会社からの連絡では、相手側の言い分では、すべてこちらが悪い、という言い分だそうです。

これはもめそうだと思い、保険会社の担当者と、一般的には、ということで話を聞きました。

すると、このような場合、
やはり、こちらに過失があるとされるケースが多いようで、残念ながら、責任割合としてよくて8:2くらいになるそうです。過失の原因としては、最徐行はしていたのですが動いていたこと、だそうです。

こちらが止まっているところに、突っ込んできた場合は、相手の過失ですが、

バックで動いているときには、後方の注意義務はあるのですが、前方はないまでは言えないのですが、その責任範囲はちょっと少なく、周りで動いている車に、注意義務がある、とのことでした。

こちらもいろいろと主張をし、基本的には8:2の責任割合でまとめることにしてもらいました。

その後、こちらは電動スライドドアを交換することになり、見積もりを取り、保険で修理をすることにしました。

相手者は前右のライトが取れただけ、ですのでほとんどはうちの車の修理代です。来年の任保険の料金は痛いですが、相手車には、何となく一矢報いた気分になてしまいました。

駐車場で車庫入れをしている車を見たら、危うきには近寄らず、近寄っても絶対動くな!という教訓を得た事故でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です