事故を起こしたら、まずは、110番をしましょう。

事故を起こしたら、まず、間違いなく、気が動転していしまいます。
 
どのような小さな事故であっても、冷静で、いろいろなことを判断できなくなるというのが通常です。

 そういったときには、まずは、警察に届けて、指示を得ましょう。110番をするということは大変、気がひけることではありますが、それでも、110番をします。

 110番をすると、事故ですか、事件ですか、と最初に尋ねられますので、事故だということを伝えます。ここまでくると、一安心です。あとは、警察の方がおっしゃっているとおりに行動をすればよいのです。

 たとえば、けが人がいるかどうか、尋ねられ、その場合には、救急要請の必要があるので、その連絡について、指示をくれます。また、けが人がいるならば、救急車が来るまでの間、何をしておけばよいのか、電話越しにわかる範囲で、教えてくれます。ファーストエイドは大切なことですから、怖くても、できることをしましょう。

 また、車のことについても、指示をくれます。車が動くならば、安全なところに移動をするように言われます。動かして、ハザードを炊いたり、三角の非常用の停止板を置くように、といった指示もくれます。

 そのように、その状況に応じて必要なことを指示してくれますので、それに従っていきましょう。

 ついで、行わないといけないことは、保険会社への連絡です。保険会社も、会社によりはしますが、頼りになります。何をどうすればよいのか、事細かく指示をくれます。最近テレビのCMなどでもありますが、相手と話をしてくれたり、現場にかけつけてくれたり、といったサービスをしてくれる保険契約もあります。そのようなサービスがついているのでしたら、迷わず、そういうものも利用しましょう。

 やってはいけないことといえば、相手との示談交渉です。保険会社抜きで行うと、あとあと後悔することになることも多いです。また、物損事故を人身事故にされたり、ということだって、十分あり、取り返しのつかないことになってしまうことだって、あります。決して、保険会社抜きに、示談交渉をすることのないようにしましょう。

 最後に、家族や職場など、関係先に連絡を入れましょう。ただ、これはある意味、一番最後でいいです。こういう緊急事態ですから、会社は特に緊急性が低くなります。

ただ、家族には、きちんと状況を伝え、場合によっては、病院に来ていただく、ということもしないといけません。ただ、家族へは、言葉を選びながら伝えないと、家族自身が気が動転してしまう、ということもあります。慎重になりましょう。

事故は起こしたくないものですが、人間は間違いをおかすものです。慎重な運転をして、安全に心掛けることは当たり前ですが、事故を起こした時にこそ、まずは、できるだけ冷静に、110番をする、そこから始めましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です